第16回 富士山国際ヒルクライム

年代別1位 50:15

4:00 起床

富士山は車で一時間ちょいなのでこの時間まで寝れた。荷物の積み込みは前日のうちにやっておいたのでサクッと出発。
途中の足柄SAで休憩&買い出し。
結局、高速も下道も渋滞なく6時頃には到着

このレースは参加証は送られてこないので、現地で車検証&参加証を記入し受付。
着替えしつつ、軽量化しつつ、食事取りつつ準備。
チョコチップスティック、ゼリー飲料、おにぎり3つ、梅丹、BCAA

アップ用にフィードバックスポーツのローラーを買ったので試してみる。
重量軽いし、適度に負荷かけられるし、静かだしいい感じ。
15分くらい回してたら雨がザバーっと降ってきたので切り上げ

8:00過ぎにイナーメのオールシーズンを塗り塗り。雨が強かったらワセリンも塗ろうかと思ったけど雨は気にならない程度だったのでなし。

今回のターゲットは順位ではなく48分台で登ること。結果的には全然足りなかった。
ウェイトを落とすのと心肺強化が必須だなぁ。。。

レースはスタートしてすぐに数名が飛び出していったのでツキイチキープ
同じクラスは1名だけ。ちょっと後ろで様子見。
1キロくらいで完全にバラけたので自分のペースに切り替え。
先頭はYOUCANの人で、やたらと低いケイデンスでするする登っていた^^;
(ちなみにYOUCANの人は別クラス)
10Mくらいの差を保ったまま馬返しまで。
毒キノコ注意の看板過ぎたあたりでパス。そのあとはあざみ用に投入した34-32でぐいぐいと。
楽だけど全然進まないから使いすぎるとタイムが伸びないね(゜゜)
ギアの選択慣れないと駄目だ

あざみはレースの時に使える有利な走行ラインがあって、勾配キツめ+左コーナーは右車線を走ったほうが勾配がゆるくなって体力の消耗が少ない。右車線の右寄りまで行っちゃうと大回りになってしまうのでセンターラインちょい右あたりがちょうどいい。
さすがにその走行ラインは普段走れない^^;

最後のストレート前のコーナーで別クラスの人に抜かれた(最終コーナーで抜き返した、、、別クラスだから無意味だけど(^^))以外はほとんど先頭をキープしてそのままゴール。

TODO:
感想

機材:

  • フレーム:2016 XELIUS SL Ultimate(49)
  • ステム:deda-ZERO 100 (100mm)
  • ハンドル:deda-スーパーレジェーラ(c-c 400mm)
  • STI:ST-9100
  • ブレーキ:BR-9100
  • クランク:FC-9100(50/34)
  • ペダル:PD-9100
  • FD:FD-9100
  • RD:RD-9100
  • スプロケ:CS-6800(11/32)
  • ホイール:MAVIC キシリウムSLR
  • タイヤ:コンチネンタル GP5000(25c)
  • チューブ:ヴィットリアlatex
  • シートポスト:deda-スーパーレジェーロ
  • サドル:specialized ROMIN EVO (サガンモデル)
  • ペダリングモニター:sgy-pm910hl
  • サイコン:SGX-CA500
  • シューズ: LAKE CX237
  • ウェア:EQUIPE RS AERO SS JERSEY/EQUIPE RS S9 & ASSOS RS SOCKS/RS AERO SF GLOVES/OGK FLAIR/イナーメ・スポーツアロマ オールシーズン

20190519

  • よかったこと
    時間に正確
    駐車場はakippaを使えばなんとかなる(次も近くにあることを祈ろう
    事故なく終えれたこと
    評判を落とすような行為は無かった(はず
    演者さん、スタッフさんとも認知レベルが上ったのでスケジュールが穏やかにこなせた
    グローブとプロテクター入りジャケットを自費購入したけどグローブはアクセルの疲労削減になったし、ジャケットは心理的・身体的安全性を担保してくれた。
    次にいきる出費
  • 検討
    スタート時に5Dのrecを押すことを完全に失念していた。
    メーター近くに必須タスクリスト、意識する項目をリスト化して貼っておくのもいいかも
    5Dのrec,30分たったら止まるので再度押す
    カメラマンさんとの連携はもっと声出していい
     前、後ろ、キープ・・・・せっかくマイクあるのでもっと使おう

  • つぎ
    タスクのチェックリストは必須かな
    空気圧チェックしたい

最初はバイクが入ることもできない大会が多かったけど、最近はほとんど参加できる。
認知が上がってきたのと、事故を起こさない、ネガティブなイメージを残さないことの積み重ねの結果だと思う
運営、参加者、自治体が慣れてきたのでとても空気感が良かった
今の流れはいい感じだと思うので、この流れが変わる前には新しい施策を考える必要があるなと思った。

ホイールのお悩みメモ|追記zipp 303買った

・検討材料
全体重量(1200前後)
リム重量(~400g)
リムハイト(40±5)
走行抵抗
あとは感覚

同じ質量を同じ高さまでもっていくときの運動量は勾配によってかわらない
激坂、ゆるい勾配で得意不得意があるのは、加減速の慣れとケイデンスが関係しそう、、、

今まで感触良かったのはキシリウム125、zipp 404 firecrest tu

候補としては
zipp 303
ライトウェイト
シマノC40
エンヴィ SES 3.4
フルクラム RACING SPEED 40T
sacra KYLE5 IGNITE
マヴィック COSMIC ULTIMATE

結局、トータルバランスと実績、インプレ、試乗してzipp選んだ。
ライトウェイトはzippのほうが相性良いのでは?とアドバイスもらったのと、お値段的にあわなかった
C40はFDJ使ってるし実績もあるんだけどリムがちょっと重いのでなし。
エンヴィはいい感じなんだけど、実績とインプレが少なめでイマイチ気が乗らなかった
そういや1.45リムはすごいよさそう、、、でもかるすぎて耐久性が不安w
フルクラムはちょっと触覚のびなかった、、、
sacraもちょっと謎なので、、
コスミックアルティメイトは悩んだ。zippがいまいちだったら買うかも、、、





ツールド八ヶ岳で年代別1位とるまでにやってたこと

前段

子育てで全く乗らなくなったので体重が増えて 一年前は70キロあった。
減量を心掛けて先日の健康診断では62キロになっていた。
減量に合わせて筋トレもやったので、70キロの時より出力があがった。
ヒルクライムは体重とワット。つまりパワーウェイトレシオはトレーニングの目安にしてもいいと思う。ただそれがすべてではない、、、
冬は長時間のれないのでパワーをあげる。
春前にはポジションを固める。
あわせて地脚をつくる。

住宅事象的にローラーはやってない。というか持ってない、、、

一週間のメニュー

平日:通勤(片道17キロ)
都内は止まらないで走れるのはせいぜい数百メートル。キロ単位でノンストップで走れるところはまずない。
池尻、渋谷、青山、西麻布、六本木あたりの丘をスプリント
通勤中遠回りして距離稼ぐのはしない。何かあったときに会社に迷惑かかるから。
土曜:家族日。自転車に触れない。
日曜:トレーニングDay。朝8時から14時を目安。それ以上は家庭のために走ってない。基本は和田峠。5倍をめやす。
あと毎週木曜は仕事帰りに筋トレ。近所の区民体育館で40分くらいやってる。
一回220円だから月1000円いかないでできる。

月間1000キロくらい。

練習

基本的に1人。9割以上1人。
平日は通勤だけ。ひたすらインターバル。
というか都内の信号間隔的にどうしてもインターバルになってしまう。
日曜はほとんど尾根幹~和田峠。120キロくらい。
切れてもいいから常に5倍を意識。
っていうかちょっと前の記事にも書いたけど、体重を偽装(重く)してた。
なので、実際には5倍以上でてたはず。
マッスルメモリーをねらった。

機材

9100-Dura化した。あと変えるとしたらホイールかな。
八ヶ岳はR-sysだと速度が上がったときに伸びなくてきつい、、、
zipp303とかshimano-c40あたりが気になっている、、、
ちなみに車重はR-sys仕様で7kgじゃすと。
6キロ前半まで削ったら変わるのだろうか??SRAM Redにして、軽量カーボンホイール、軽量チューブラーにしたらそれくらいまで落とせそう、、、

食事

平日はお肉とかササミ中心にした。土日は家族でたべるDayなので好きな感じに。
あとプロテインは毎日飲んでいた。
ちなみに、ザバスのウェイトダウン。
飲み物はなるべくお茶に、、、でもコーヒーとかジュースもそこそこ飲んでいた、、
トレーニング後はアミノバイタル。疲れがとれるから仕事に影響しなくなってよい。

筋トレ

木曜の筋トレはレッグプレス、腹筋、レッグカール、レッグエクステンション、
アダクション&アブダクション
レッグ系は片脚づつ。ペダルを回すときの体の使い方をイメージしてトレーニング。
有酸素系はやらない。

これから

330w,58キロを目指す。機材込みでパワーウェイトレシオ5。
これで上位陣とも戦えそう。