コンコン

cayoを105->tiagraに変えましたが走ってる感じのフィーリングはあんまり変わらないですね。

ただシフトアップ、ダウンの時がぜんぜん違う。

STIがtiagraはパチン、パチンという感じ、105はパシュ、パシュ。レバーを押す力も105のが軽い。シフトのショックはディレイラーちゃんと調整すればあんまりかわらん。。

んでアルミのgiosからカーボンのfocusになりましたが、シフトチェンジするとカーボンなせいかカコッって音がするのね。響く感じというか。。。

しっかしcayoのフレーム優秀だわ。エアロライトとはちがうのだよアルミとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です