第33回ツール・ド・八ヶ岳

3:00 起床

引っ越しして駐車場が家の目の前になったので積み込みが楽にできた。それまでは2,3分歩かないといけなかったから比べるとやはり楽だ・・・
前回来たのは2年前。その時とは車も変わったんだけど自動運転ついててめっちゃ楽。追尾設定しておけば加減速はいい感じにしてくれるから足の疲労が下がった。

あと、中部横断自動車道が佐久南〜八千穂高原ICまで開通しててこれのおかげで更に楽になった。15~30分位早くなったんじゃないかな、、、

そんなこんなで6:00 千ケ日向総合グラウンド到着

着替えたり準備して7:50から付近を10キロ走ってアップ。いい感じの坂とか丘あるからアップには困らない。でも雨だったら無理だろうな、、、(アップ用のローラーを買うか悩んでる勢)

前回参加したときにハンガーノックになったので気をつけて朝ごはんを食べる。
起きておにぎり2個、PAでホットドッグ2個、現地着いてゼリー飲料とおにぎり2個
これでばっちり。フルコースの場合もう少しお腹に入れてもいいかも。
終わったらイナーメオイルを塗り塗り。これいい感じね。薄い膜で守られてる感と血流も良くなって足が軽く感じた。

8:40ごろスタート地点へ移動。

前から4列目くらいに場所取れたので悪くない位置
風が向かい風っぽいので前半はツキイチで行こうと計画
最初の勾配きつくなるところまでに先頭付近に行きたかったのでちょっとづつ前へ。
ペースはいい感じ。
勾配きつくなる手前あたりで先頭はちょいペースアップ。坂のぼって一気に人減った。

200番代の選手数名がいい感じにペース作ってくれてそれに乗る。
森に入ったあたりで前にでてちょい引く。
このあたりで5,6人になってたと思う。
もうちょっと過ぎてゆるい下りが出てくるころには3人になった。(200番代2名&300番代の僕)途中信州大の選手も加わって4人パックになったりしたけど途中で落ちていった、、
そのあとはいい感じ(と思ってる)にローテションまわしてゴール手前まで。
優勝はわかってたけど全力で行く。
500mの看板すぎて、橋に入ったあたりで前に出て行こうと思ったけど脚が終わってた\(^o^)/
200番代の選手たちには追いつけずそのままゴール。

結果:男子C1位 39:20(ハーフゴール)

2016年は子供もいなかったので週末は毎週のように風張峠行ってたけど、帰ってくるのが遅くなるからいけなくなった。
同じやり方ができないので、別の手段をとってみようと思って今年は近所の区民体育館でウェイトやって筋力上げてみた。
パワーウェイトレシオは4.8倍くらいだったので加齢を考えればいい感じでは?と思う。
体重はあと6キロは減らせると思うので、今のパワーをちょい上げつつ体重落とせればまだまだ行けそう。

機材:

  • フレーム:2016 XELIUS SL Ultimate(49)
  • ステム:deda-ZERO 100 (110mm)
  • ハンドル:deda-スーパーレジェーラ(c-c 400mm)
  • STI:ST-9100
  • ブレーキ:BR-9100
  • クランク:FC-9100(50/34)
  • ペダル:PD-9100
  • FD:FD-9100
  • RD:RD-9100
  • スプロケ:CS-6800(11/32)
  • ホイール:MAVIC キシリウムSLR
  • タイヤ:コンチネンタル GP5000(25c)
  • チューブ:ヴィットリアlatex
  • シートポスト:deda-スーパーレジェーロ
  • サドル:specialized ROMIN EVO (サガンモデル)
  • ペダリングモニター:sgy-pm910hl
  • サイコン:SGX-CA500
  • シューズ: LAKE CX237
  • ウェア:ASSOS MILLE GT Spring Fall LS Jersey/ビブショーツ T. エキップ_S7 & sako7socks/gorebike wear gloves/OGK FLAIR/イナーメ・スポーツアロマ オールシーズン

意識とパフォーマンス

意識の変化が運動パフォーマンスに及ぼす影響
https://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=31110&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1

意識の変化が運動パフォーマンスに及ぼす影響
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jhas/8/2/8_84/_pdf

連続的運動と間欠的運動が認知機能に及ぼす影響の比較

http://www.hspehss.jp/journal-no48-3.pdf

https://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20190322132057.pdf?id=ART0008565801

「スポーツ 心理学」もうちょっとggる

パワーウェイトレシオ偽装

ちゃんと踏んでるかの指標として、ワットとかパワーウェイトレシオがある。
今季は体重設定をちょい重めに偽装して実際の値より踏まないと自分のパワーウェイトレシオ目標値に届かないようにしてみた。

パワーウェイトレシオ目標値を上げればいいじゃんって思ったけど気持ち的にちがう、、

例えば目標値を5にしたとき、5を超えるように頑張る。
そのあと5.5にすると5あたりで満足感でちゃうんだよね、、、「5でてるからいっか、、」って。
4代なのかちゃんと5になったか。けっこうインパクト違う